心療内科で精神面の安定を|崩れる心を支えるプロサポーター

医者と看護師

原因を突き止めて解決

医者と患者

社会問題の一つとして挙げられているのがひきこもりの問題です。ひきこもりになると必要以外のときはずっと部屋にこもりきりになってしまい、人との接触も全てシャットアウトしてしまいます。ひきこもりを解決するためには親が怒ることや励ますだけでは効果がないこともあるので、なぜひきこもりになったのかの原因を探っていく必要があります。テレビや新聞などでもひきこもりが増えているというニュースが特集されていることもありますが、社会生活の変化によってひきこもる人が増えている傾向にあります。学生であれば学校でのいじめなどで不登校になって引きこもりになってしまう人もいます。また学校生活だけではなく、親の子供に対する押し付けや期待によるプレッシャーで強迫観念が生まれて、それがきっかけで部屋に閉じこもってしまうこともあります。子育ての中では自分が出来なかったからといって子供に押し付けるという人もいますが、自分の子供といっても一人一人の性格が異なっているので、出来る人もいれば出来ない人もいます。また人によって将来やりたいことも違うので、親の夢を押し付けられることによってストレスを溜めてしまうことがあります。

親からのプレッシャーによって逆らえなくなると、嫌われたくないことから強迫観念の症状が出てしまうことがあります。親の言うことを聞いて、指定された課題をクリアしていくことによって親の反応を伺っているのです。ですがそれは自分の意志で行なっているわけではないため、それがいつか爆発をしてうつ病などの症状に発展してしまうケースも多いのです。一度ひきこもりになってしまうとすぐに解決をすることはできないので、ゆっくりと時間をかけてメンタル面の治療をしていくことが必要になります。他人が無理やりその人のひきこもりを治そうとするのではなく、自分から行動を起こすようにすることが一番の解決策であるといえます。ひきこもりを解決する方法は病院での薬物療法やカウンセリングなどがあります。まずは色々な解決策を試して、自分に一番合う方法を見つけましょう。